お風呂はメガネをしている人には不憫!

お風呂はメガネをしている人には不憫!

お風呂はメガネをしている人にとっては本当に不便で仕方がないと思います。まさに私もそのなかのひとりだったんですが、レーシックでそのストレスから解放されました。

お風呂はメガネをしている人にとって不憫

私は小さな頃からずっとメガネをかけて生活をしてきました
特にメガネが嫌いだったわけではありませんが、ちょっとメガネのせいで不憫になるシーンが多かったんですよ。
これはきっとメガネをかけている人じゃないとわからないと思います。

特に不憫と感じたのはお風呂 メガネですね・・・。
当然、メガネをしてないとモノが見えないので危ないし、
メガネをかけながら入ったら曇るしで、リラックスできるはずのお風呂が最悪のものになっていました。

お風呂はメガネをしている人にとって不憫なのは間違いないと思います。
私はそれに飽き飽きしていたので、思い切ってレーシックを受けることに決めました。

お風呂にメガネなんて必要ない!!

とにかくお風呂にメガネなんて嫌だ!!という気持ちが高まっていたので、
すぐさまレーシックを受けて、無事に私の視力は回復しました
すると、どうでしょうか?メガネをかけていたときに感じていたストレスから解放されたんです。

メガネをかけていると、耳がいたくなったり、肩こりになる人が多いと思うんですけど、
レーシックのおかげでそういった特有の症状を感じることがなくなりました。

もう、お風呂にメガネなんて必要ないんですよ。
今では快適にお風呂に入れていますし、裸眼で物事を見る喜びを噛み締めています。

お風呂でメガネをかけるのは危ない!

まあ、これは言うまでもないですけど、お風呂でメガネをかけるのはちょっと危険です。
もちろん、メガネを外してお風呂に入るのも危険ですが・・・。
いずれにしても、視力が悪い状態でのお風呂は危険ですし、気を遣ってお風呂に入っていると疲れがとれません。

あなたもレーシックにトライしてみてください
驚くほど、メガネに縛られていた生活から解放されますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - お風呂はメガネをしている人には不憫!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]