レーシックとアイレーシックの違いってなに?

レーシックとアイレーシックの違いってなに?

レーシックとアイレーシックにはどんな違いがあるのかを詳しく解説しています。アイレーシックが気になっている方は参考にどうぞ。

レーシックとアイレーシックの違いとは?

通常のレーシックとアイレーシックに違いがあるか気になっている人は多いと思います。
特にレーシックとアイレーシックにおける安全性の違いは気になるところです。
結論から言ってしまうと、違いはあります。

そもそもレーシックは、視力矯正のためのレーザー照射を行う治療法です。
しかし、その前に角膜の表層に「フラップ」と呼ばれるフタを形成しなければなりません。
この時にレーシックとアイレーシックに違いが生まれます。

通常のレーシックではマイクロケラトームというステンレス製の刃物を使いますが、
アイレーシックではイントラレースという高精度な医療用レーザーを使います。
では、果たしてどちらにメリットがあるのでしょうか?

レーシックとアイレーシックではどちらにメリットがある?

説明したようにレーシックとアイレーシックでは使用する機材が異なります。
アイレーシックは、高精度レーザーにより、エッジがほぼ直角で一定の厚みをもった強く美しいフラップを作ることができます。
そのため、レーシック治療後のシワやズレが起こりにくくなるメリットがあります。

一方で通常のレーシックでは、そこまで高精度にフラップを作成することができません。
そのため、大きな衝撃が加わるとフラップが外れてしまう可能性があります。
やはり安全性を求めるなら、レーシックとアイレーシックを比較すると、アイレーシックになるでしょう。

さらにアイレーシックは合併症の発生率も低く安全性に優れています

レーシックはアイレーシックには勝てない!

もう皆さんもアイレーシックがどれほど確かなものかお分かりいただけたと思います。
はっきり言って、通常のレーシックはアイレーシックに勝つことはできません。
どんなに名医がアイレーシックに対抗しようとしても、互角になるのがいいところでしょう。

安全にレーシックをするなら、アイレーシックがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックとアイレーシックの違いってなに?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]