レーシック カラコンは装着できるの?

レーシック カラコンは装着できるの?

レーシックはカラコンをつけても問題ないのでしょうか?手術をした後はどんなことにも敏感になってしまうものですが、果たしてカラコンを装着していいものか?これについて詳しく解説します。

レーシックはカラコンを装着できるの?

カラコンは若年層には絶大な支持を誇る、一種のファッションと考えられます。
しかし、問題になるのはレーシックを受けたあとにカラコンを装着してもいいのか?という問題です。
普通に考えれば、目のことを勞らなくてはならないのでレーシック カラコンは避けるべきでしょう。

手術を受けた後は目がなれて、十分に視力が回復するまではある程度の制限がつきます。
それに目が最善の状態になるまでには個人差があります。
仮に目が最善の状態になったとすれば、カラコンを装着することは可能です。

ただし、レーシックでカラコンをつける際は医師との相談が必要になります。

レーシック カラコンはどれくらいで装着できる?

レーシック カラコンは術後からどれくらいで装着できるものなのでしょうか。
レーシック カラコンを装着できるのは、だいたい手術後1ヶ月程度と言われています。
ただし、前述したように個人差がありますので必ず医師の許可を得てから装着するようにしてください。

また、一点だけ注意しなければ問題が発生します。
レーシック手術で多少は角膜の形が変形しているので、ハードコンタクトレンズはフィットしない可能性もあります。
ソフトコンタクトレンズであれば無理なく装着できると言われていますが、
もしカラコンがハードの場合、形が合わないことが多いようです。

いずれにしても、カラコンの装着には医師の許可が必要になります。

レーシック カラコンには要注意!

カラコンはファッション感覚で装着されるものですが、
目にとっては負担が大きく、合併症を引き起こすリスクが高まります。
そのため、視力のことを考えるならカラコンは控えたほうがいいでしょう。

実際にカラコンで合併症にかかっている人が急増しています。
十分にご注意ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシック カラコンは装着できるの?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]