レーシック グレアって何?

レーシック グレアって何?

レーシック グレアというキーワードで検索されてきた人はぜひこのページをチェックしてみてください。グレアについて詳しく解説しています。

レーシック グレアとは?

レーシックとグレアはよくセット検索されるキーワードのひとつです。
でも、ほとんどの人がレーシック グレアなんて言葉は知らないと思います。
基本的にグレアとは、物を見るときにまぶしく感じる症状の一つとなっています。

いずれにしても、レーシックなどのレーザーで角膜を削る屈折矯正手術の合併症なのです。
レーシック グレアになってしまうと、光をまぶしく感じるようになります。
つまり、レーシック グレアはレーシック難民に多く見られる症状です。

現状ではグレアになっている人は急増しているという報告もあります。

レーシック グレアの詳細

レーシック グレアは、日本語では「光輝」と言われている症状です。
かんたんに言ってしまえば、光を見たときに異常なほどのまぶしさを感じてしまいます。
人によってレーシック グレアが起こるタイミングは異なりますが、
主に、夜間に照明を見た時にグレアが起こると言われています。

そのまぶしさの具合は「ギラギラして見える」と表現されることがほとんどです。
イメージとしては、プールの中から真上の太陽の光を見た時に似ています。
もし、レーシック グレアのような状態になっているなら、ただちに医師に相談するようにしてください。

レーシック グレアは完治する?

レーシック グレアは、夜間の外出や運転などに支障があるので注意が必要です。
そのため、サングラスなどを用意して対応しなければなりません。
個人差がありますが、だいたいその後数ヶ月から1年くらいで症状は和らぎます。

さらに目の方でもだんだんと慣れてくるため、自然に回復してしまう人がほとんどです。
ただし、慣れるまでは危険なので医師とよく相談して生活するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシック グレアって何?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]