レーシックのデメリットを教えて!

レーシックのデメリットを教えて!

レーシックにデメリットがあるか知りたい人は多いと思います。ここではレーシックのデメリットとされるものを解説しています。

レーシックのデメリットとは?

レーシックのデメリットを挙げるとするなら、それは医師によって完成度が違うことです。
誰でもレーシックはレーザーを駆使して治療するものだから、
どんな医師が担当しても一緒と考えているようです。

しかし、それは大きな間違いで実際の手術そのものは技術を必要としています。
もちろん、かなり高度な技術を必要としているわけではありませんが、
担当する医師によって成果に違いが出てくるのは確かだと思います。

だからこそ、キャリアが比較的少ない医師には任せられないのが本音です。

レーシックのデメリットは医師によって左右されること

レーシックのデメリットは、医師によって左右されることです。
特に医師によって大きくレーシックにおける治療方針が違います。
それにレーシックはすぐに受けられるものではありません。

レーシック経験者であればおわかりだと思いますが、
まずはレーシックをする前に2時間ぐらい視力検査を行います
これによってレーシック手術が安全に行えるかどうかを確かめているのです。

レーシックのデメリットをもう一つあげるなら、すぐに手術には至らないということでしょう。
とはいえ、手術はものの20分程度で終わってしまうわけですが。。
検査を終えると、医師がイメージする手術が進行することになります。

そのため、どの医師でも同じ治療というわけではありません。

レーシックのデメリットはまだある?

レーシックのデメリットは他にもあります。
例えば、目に疾患がある人は受けられないこと、妊婦も受けられないことでしょう。
これは体への負担と影響を考えているためで、誰もがレーシックを受けることはできません。

そのほかのレーシックのデメリットとしては、
人によっては後遺症など残ってしまう可能性があるということです。

最近のレーシック技術であれば、不幸な結末になることはまず考えられません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックのデメリットを教えて!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]