レーシック ドライアイの原因って何?

レーシック ドライアイの原因って何?

レーシック ドライアイは誰にでも起こりうる症状だと思います。では、ドライアイは何が原因で起こってしまうのでしょうか?詳しく解説していきます。

レーシック ドライアイの原因は?

レーシックでドライアイになってしまう人は少なくありません。
これは誰にでも起こりうる後遺症として考えられているわけですが、
ドライアイは後遺症といった重たいイメージを持つまでのレベルではありません。

レーシックはドライアイを引き起こしやすくなるのは間違いありません。
ただし、それは術後数日間に限定されることです。
レーシックをすると眼が乾いた状態になってしまうため、涙の量が少なくなります。

これによって涙が調整できなくなるためにドライアイになってしまうのです。

レーシック ドライアイは仕方ない?

レーシックでドライアイになってしまう人が多く見られますが、
レーシックでは涙を調節する神経を切断するため、一時的にドライアイになるだけです。
つまり、レーシック手術を受ける以上、ある程度のドライアイは覚悟しなければなりません。
 
ただし、一生ドライアイのまま過ごさなければならないということではありません。
レーシックによって切った神経は3ヶ月以内に再構築されるので、誰でも自然にドライアイは完治します。
レーシックでドライアイになる人は、数日で終わる人がほとんどとなっています。

しかし、医師の腕が悪いと一生ドライアイが残ってしまう人もいるようです。
やはりレーシックでドライアイにならないためにも、確実な医師のもとで手術をしなければなりません。

レーシック ドライアイは怖くない

ご説明したとおり、レーシックでドライアイになるのは数日間のみ。
それに誰もがドライアイになるわけではなく、一部の人のみに見られる症状です。
ですので、そこまでレーシックのドライアイを恐ることはありません。

もし心配なら手術前に医師に相談するようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシック ドライアイの原因って何?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]