レーシック ハロって何?

レーシック ハロって何?

レーシック ハロというキーワードで検索して来られた方は、ぜひこのページをチェックしてみてください。ハロについて詳しく解説しています。

レーシック ハロって何?

レーシックというキーワードにはさまざまな関連ワードが付属していますよね。
そのなかでも「レーシック ハロ」というキーワードがあります。
レーシックはわかるけど、ハロって一体何だ?と思った方は多いと思います。

レーシック ハロは、「ハロー」とも呼ばれ、日本語では「光輪症」と呼ばれる症状のひとつです。
レーシック ハロの症状は、光輪症と呼ばれるだけあり、光を見たときにまわりに輪が生じて見える症状をいいます。
時には光の輪が、虹色に表れることもあるため、ちょっと不思議な症状のひとつです。

ちなみにレーシック ハロは、グレアなどともセットで考えられている症状です。
いずれにしても、光に対してまぶしさを感じてしまう、異変を感じる症状となっています。

レーシック ハロの見え方は人それぞれ

レーシック ハロの見え方というのは人それぞれだと言われています。
一般的には光の輪が生じる見え方をすると言われていますが、この他にも「スターバースト」と呼ばれるものがあります。
スターバーストは、光を見た時に光が広がって見えます。

それはまるで星のようにまぶしく見えるのです。
このようにどんな光に対してもまぶしく見えてしまうため、日常生活に支障をきたすことがあります。
グレアと同様にサングラスなどで対応して、目が慣れるのを待つというのが一般的な回避方法です。

ここで問題となるのが、果たしてレーシック ハロが完治するのかどうかです。
基本的に時間経過とともに症状が和らいでいくことがほとんど。
しかし、一向にレーシック ハロの症状が和らぐことがなく、悪化する人もいらっしゃいます。

長期間経過したにもかかわらず、レーシック ハロが完治しない人は迷わずに医師に相談してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシック ハロって何?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]