レーシックのリスクについて

レーシックのリスクについて

レーシックのリスクについて詳しく解説しています。リスクを気にされる方は是非ご覧下さい。

レーシックにリスクってあるの?

レーシックは日本をはじめ、世界から安全性が認められています
そして成功率が9割にも及ぶ、成功率の高い手術とされていますが、
レーシックにリスクがないという言い方はできません

そもそも何か治療を受けるのであれば、リスクを承知しなくてはいけません。
もちろん、リスクが出て当たり前という世界ではありません。
つまり、レーシックのリスクを受け入れなければ何もはじまらないということです。

また、レーシックは検討に値する治療として有名です。
レーシックのリスクをなくすために時間をかけて検査を行います
だからこそ、安易にレーシックを受けたいと思うならその考えを改めましょう。

レーシックのリスクについて

レーシックのリスクとして挙げられるのは、一度治療を受けると元に戻せないということです。
レーシックという治療法は、エキシマレーザーにより角膜の形状を変えるものです。
つまり、この角膜の変化は半永久的なものとなります。

つまり、一度でもレーシックを受けてしまえば、角膜の形状を元の状態に戻すことは不可能です。
しかし、レーシックは安全性が高く効果も認められている治療法です。
再手術をすることもできるので、何も怖がる必要はありません。

レーシックのリスクを受けいれられるかどうかはあなた次第なのです。

レーシックのリスク「術後の戻り」

レーシックのリスクとして考えられるのが、「術後の戻り」です。
術後の戻りとは、レーシックを受ける前の視力に後戻りしてしまうことです。
仮に術後の戻りが出た場合、追加矯正手術を受けることが可能です。

しかし、ケースによっては追加矯正手術が不可能なこともあります。
このレーシックのリスクを避けるためにも術前に医師に確認しておきましょう。
レーシックを受けても、角膜の厚みが十分に残っていれば、追加で矯正手術はできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックのリスクについて
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]