レーシックで失敗例から学ぶ正しいレーシック

レーシックの不安材料は何ですか?

レーシックの不安は誰もが持っているものです。そこで実際にレーシック体験者の私がレーシックの不安についてお答えしていこうと思います。

レーシックは不安で仕方がなかった・・・

私もレーシックは不安で仕方がなかった一人です。
でも、今ではレーシックに対して心から感謝しています。
レーシック手術を受けてから私の両目は1.0になりました。

ずっと視力が悪くてメガネをつけていた私がですよ。
もうメガネに頼る生活をしなくなったので、体がイキイキしているのを実感しています。
きっとこのページを読まれている皆さんは、レーシックの不安を払拭できないのだと思います。

そこで私のレーシック体験を解説し、レーシックの不安を少しでも取り除いてもらえればと思います。

レーシックの不安材料について

レーシックの不安材料として挙げられるのは、失明ではないでしょうか?
これは私もそうだったんですが、担当医に聞いたところ、今までにレーシックで失明した人はいないようです。
ここまで歴史があるレーシックで、一度たりとも失明した人はいないのです。

そう、失明というのは誰かがつくった噂でしかありません。
もし、失明したとするならそれはヤブ医者の治療を受けた人でしょう。
つまり、優良なレーシッククリニックで失明した人は誰もいないのです。

何よりも後遺症などの不安材料も起こることは稀だと言われています。
レーシックの不安材料のほとんどは、噂や嘘、でっちあげから来ているのです。

レーシックに不安は必要ありません

いかがでしたか?ここに書いていることはすべて事実です。
もし、この記事が嘘だと思うならお近くのクリニックの先生に直接聞いてみてください。
そうすることで、あなたが持っているレーシックの不安を払拭できるはずです。

レーシックに不安など持つ必要はありません。
あなたの心理、状態に適した手術を行うので失敗することはありません。
あなたも裸眼で生活する日々を楽しみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックの不安材料は何ですか?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]