レーシックは乱視も改善できるのか?

レーシックは乱視も改善できるのか?

レーシックは乱視を改善することもできるのでしょうか?乱視で困っている人はぜひご確認ください。

レーシックで乱視は改善できる?

レーシックは近視を改善するものというイメージが強いのは事実です。
しかし、レーシックで乱視を改善することは十分に可能です。
まず、乱視について解説すると、眼球のゆがみが引き越している不具合でしかありません。

つまり、乱視はゆがみを取り除くことができれば誰でも改善できます。
しかし、乱視には正乱視と不正乱視の2種類が存在します。
正乱視は光が2か所で焦線を結ぶ乱視で、不正乱視はどこにも焦点が結ばれない乱視をいいます。

レーシックは角膜を削ることで、バランスを調整する治療法です。
そのため、レーシックで乱視を治すことはとてもかんたんなことなのです。

レーシックで乱視を改善すればメガネ不要の生活へ

正乱視の方は、メガネやコンタクトレンズをつける生活を送らなければなりません。
さらに不正乱視はハードコンタクトレンズで矯正している方が一般的です。
しかし、現在はレーシックで乱視を矯正出来るため、種類は選びません。
 
メガネやコンタクトレンズをつける生活が嫌だという方には、レーシックはおすすめの治療法です。
また、メガネなどにコンプレックスを持っている方は、レーシック治療を受けることによって、
精神的な余裕、あるいは開放的になることが可能になります。

レーシックで乱視が治せないケースもある?

レーシックはとても安全性が保証されている治療法ですが、
強度の乱視という人には、レーシック治療の効果が得られるかはわからないようです。
ですので、まずは信頼出来るクリニック検査しましょう。

自己判断をせずにまずは医師の検査を受けて、治療ができるかどうかを確認してください。
レーシックで乱視を改善して、素晴らしい人生を送ってください。
レーシックは乱視で困っている人のさまざまな悩みを解消することができるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックは乱視も改善できるのか?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]