レーシックで事故は起きるのか?

レーシックで事故は起きるのか?

レーシックで事故が発生することもあります。レーシックで事故なんて起こるわけがないと思っているあなた。本当にそう言い切れますか?

レーシックで事故に遭わないために

レーシックで事故が発生してしまう確率は極めて低いですが、
過去にレーシック事故が発生しなかったわけではありません。
ごく一部の人はレーシック事故の被害者になっています。

そもそもレーシックは人が行う治療ですので、何らかのトラブルが発生する可能性はあります。
これはレーシックだけでなく、医療に関わるものはすべてに言えることです。
だとすれば、どうやってレーシック事故を防げばいいのでしょうか。

それはとても簡単なことです。
あなたがレーシックをよく理解し、最適なクリニックを選ぶことです。
これができなければ、レーシック事故に遭う可能性は高くなります。

レーシック 事故の事例

ここでは過去に起こったレーシック事故の事例を紹介したいと思います。

ケース1:水晶体に傷がつき、白内障になってしまった
本来のレーシックは、角膜の表面を規定内で削る作業をします。
しかし、規定外のことをしてしまったり、深い部分で切開されると、水晶体に傷がつく可能性が高くなります。
この事例は過去に報告されており、規定外に削ってしまったため、角膜に入れた刃が水晶体まで達し、
レーシック手術を受けた患者は白内障を起こすことになってしまったのです。

ケース2:縫合に使用する糸を間違えてしまった
本来縫合などに使用する糸は、一般的な糸と素材が違いますが、
過去には一般的なシルクの糸を使用したことによって、乱視になってしまう事態になりました。
これは完全に医師のミスであり、一歩間違えば失明になっていたかもしれません。

このようにレーシック事故は誰にでも起こりえます。
レーシック事故をなくすためには、あなたが心から信頼できるクリニックで治療を受けることです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックで事故は起きるのか?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]