レーシックは保険適用ができない

レーシックは保険適用ができない

レーシックに保険適用はされませんが、レーシックを安くできる方法はたくさんあります。ここでは保険適用と安くする方法を解説していきたいと思います。

レーシックは保険適用されない

レーシック手術は眼科系の手術でありながら、他の手術と比較すると医師の技術を必要とするだけでなく、
レーシックに関連する機器など設備の充実を必要とする治療法です。
そのため、高額な設備になることが多く、元を取るためにレーシック費用が高額になっているのです。

おまけレーシックは保険適用ができません。
残念ながら、レーシックは簡易的な治療という位置づけになっているので保険は使えないのです。
つまり、保険が使えないので、全額自己負担になってしまいます。

しかし、レーシックに保険適用がされなくても、安くできる方法はいくつか存在します。

レーシックに保険適用は必要ない?

多くの人がどんな治療にも保険適用を望んでいるわけですが、
正直なところ、レーシックに保険適用はそこまで重要なものではありません。
なぜなら、レーシック手術は生命保険医療保険の手術給付金で補うことが可能です。

そして、忘れてはいけないのが確定申告です。
実は確定申告の医療控除をレーシック費用に当てることは可能です。
まずは税務署に「エキシマレーザー角膜屈折矯正手術」の費用について問合わせてください。
そこで医療費控除が該当するということであれば、その分控除されます。

レーシック 保険適用よりも確定申告

レーシック手術はだいたい10万円は請求されると思います。
医療費控除が認められれば税金が還付されるので、いくらでも安くすることができます。
そのため、確定申告はとても重要です。

手術給付金の請求をするための条件としては、手術費・治療費の領収書が必要となります。
ですので大切に保管しておきましょう。
そのほか、クリニックの割引などを狙えば、いくらでも安くできるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックは保険適用ができない
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]