レーシックは円錐角膜でも受けられる?

レーシックは円錐角膜でも受けられる?

レーシックは円錐角膜の人でも問題なくできるものなのでしょうか?ネット上ではさまざまな噂が流れていますが、どれも真実とはかぎりません。

レーシック 円錐角膜とは?

レーシックは円錐角膜の人でも受けられるのか?これは結構重要な問題です。
結論から言うと、レーシックは円錐角膜の人は受けられません
そもそも円錐角膜は、角膜の厚みが減少することで角膜の中央部分が前へ突き出る病気のことをいいます。

つまり、目における疾患なのでレーシックを受けることができないわけです。
円錐角膜が厄介なのは、近視乱視も進行してしまい、ひどくなると角膜移植が必要になること。
そのため、レーシックは円錐角膜を治してからでないと受けられません。

しかし、通常のレーシックこそ受けられませんが、他に治療法があるのでご紹介します。

レーシック 円錐角膜の治療法

レーシックは円錐角膜を患っている人は受けられませんが、
角膜の中に特殊な弓の形をしたリングを入れて治療する方法があります。
これはリングによって角膜の形を整え、近視や乱視を治すというもの。

さらに薄い角膜の強度が増加するので、円錐角膜の進行を遅らせる効果もあります。
この治療方法は視力矯正もある程度可能となっているだけでなく、
円錐角膜の方でもコンタクトレンズが装着できるようになります。

そのため、レーシックで円錐角膜を治そうと思っている人は、
まずこの治療法を試したほうがいいと思います。

レーシック 円錐角膜はレーザーでも

最近の円錐角膜治療は進化しているようです。
従来は角膜にリングを入れるための角膜切開がメインとなっていましたが、
現状では高性能のレーザーを使用するクリニックも増えています。

そして何よりも、以前と比べると手術の精度や安全性も増したことが素晴らしい点です。
つまり、円錐角膜治療は常に進化していることになります。
レーシックを受けたい方は、まずは円錐角膜治療をしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックは円錐角膜でも受けられる?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]