レーシックの副作用まとめ

レーシックの副作用まとめ

YouTube Preview Image

レーシックの副作用にはどういったものがあるの?という質問をよく受けます。ここではレーシックの副作用について詳しく解説していきたいと思います。

レーシックの副作用って怖いもの?

レーシックの副作用について心配になっている人は少なくないと思います。
確かにレーシックには副作用が存在しており、レーシックの副作用にかかる人もいます。
しかし、レーシックを受けた人すべてが副作用にかかるわけではありません。

また、基本的にレーシックの副作用は軽度のものばかりです。
重度になると生活に支障をきたすレベルになりますが、そうなるケースは稀です。
ですので、正しいレーシックの副作用の知識を身につけることが必要です。

それではレーシックの副作用についてそれぞれ解説していきます。

レーシックの副作用まとめ

1:めまい
術後は視力が安定しないこともあるので、めまいを感じる方がいらっしゃいます。
しかし、数日中で治ることがほとんどで、一生続くものではありません。

2:頭痛
自律神経の影響から頭痛を引き起こす可能性は多いに考えられます。
あまりに頭痛が続くようであれば、医師と相談して適切な処置をとってください。

3:吐き気
これもまた自律神経が影響していると考えられます。
常に吐き気が続くようであれば、医師と相談して適切な処置をとってください。

4:眼精疲労
視力が安定しないうちは、眼精疲労に悩まされることもあるかもしれません。
しかし、視力が安定するとともに改善されるので問題ありません。

5:光がまぶしすぎる
これは過矯正が原因であることが考えられるので要注意です。
再手術が必要となるので、ただちに医師に相談するようにしてください。

6:ドライアイ
レーシックをすると涙腺をカットしなければならないため、一時的に涙を出す機能が失われます。
そのため、ドライアイになりやすくなります。
しかし、次第に機能は回復するのでやがて通常に戻ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックの副作用まとめ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]