レーシックで医療保険の給付は受けられるのか?

レーシックで医療保険の給付は受けられるのか?

レーシックは医療保険の給付を受けることが果たして可能なのか?徹底的に調査しましたので、気になっている方はぜひチェックしてみてください。

レーシックと医療保険の関係

原則としてレーシックは保険が適用されない治療法です。
しかし、場合によってはレーシックに医療保険が適用できることがあります。
では、その条件にはどのようなものがあるのでしょうか。

ひとつは保険の種類であり、これが合致していないと適用されません。
さらには加入した期間などに影響されるケースもあるので注意が必要です。
そもそもレーシックは保険で「レーザー角膜屈折矯正手術」と呼ばれています。

ですので、レーシックが医療保険の対象になっているかどうかは、
あなたが加入している約款などを確認することで大体把握できるのです。

レーシックが医療保険の対象になる場合

レーシックが医療保険の対象になる場合、
必ず医師の診断書が必要となりますので、保険会社で診断書のフォーマットを入手しておいてください。
これを忘れてしまうと、対象にならないケースがあるので注意しましょう。

なお、クリニックによってさまざまですが、診断書作成料金が別途発生するケースもあります。
ですので、レーシックで医療保険の給付を狙うなら、医師と診断書についても相談しておきましょう。

レーシックの医療保険の落とし穴について

レーシックの精度は年々高まってきていますが、それでも十分に視力回復ができないケースもあります。
その場合、再手術を行う必要があるので、新たに手術費用が発生するわけですが、
再手術にかかる費用に対しては医療保険の支払いがカバーされていません。

あくまでレーシックの医療保険の対象となるのは、1回のみの手術に対してということになります。
ですので、何から何まで医療保険がレーシックをカバーしてくれるわけではありません。
再手術費用に関しては、すべて自己負担となってしまうのでご注意を。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックで医療保険の給付は受けられるのか?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]