レーシックの危険性まとめ

レーシックの危険性まとめ

レーシックの危険性はどれほど高いのかを詳しく調べてみました。すると、出るは出るはのオンパレード・・・。あなたはレーシックの恐ろしさをまだ知らないかもしれません。

レーシックが危険なことを誰も知らない

レーシックが危険であることは、ほとんどの人が知らないと思います。
もちろん、現状のレーシックの安全性は向上していますし、失敗も減少しています。
それでもレーシック難民後遺症に悩む人は消えることがありません。

そう、レーシックはまだまだ完璧な視力回復治療法ではないのです。
レーシックの危険性を知ることが、今の私たちにはとても大切なことだと思います。
レーシックの危険性を理解すれば、ある程度のリスクは回避できるわけですから。

それではレーシックの危険性についてまとめましたのでご覧下さい。

レーシックの危険性 まとめ

1:レーシックの後遺症に悩まされている人は急増している
レーシックの後遺症は、めまい、頭痛、眼精疲労、吐き気、目におけるさまざまな異常が挙げられます。
なかには数十本の目薬をつけ、サングラスがないと生活できない人もいます。
気になった方は、レーシック 後遺症で検索してみてください。

2:レーシックは医師の腕に影響されるのは事実
レーシックが成功するかどうかは、すべて医師の腕次第になります。
医師の腕がなければ、失敗する確率は高くなるばかりです。
だとすれば、最先端の安全な機器による手術を受けたほうがいいことがわかります。

3:レーシック関連の裁判は多発している
レーシックを受けたことによって後遺症などが発生した患者が、医師を訴えるケースは多発しています。
つまり、それだけ腕のない医師が世の中に点在しているのです。
もちろん、腕のいい医師であればこのようなケースには発展しません。

4:回数を重ねると角膜がなくなることも
再手術ばかりを繰り返していると、角膜がなくなってしまうケースも少なくありません。
当然、このような状態になってしまうと視力は大きく低下することになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックの危険性まとめ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]