レーシックの問題点まとめ

レーシックの問題点まとめ

レーシックの問題点は決して少なくありません。むしろ山積みと言ったほうがいいかもしれません。安全にレーシックを行うためにも問題点を把握しましょう。

レーシックに問題はないのか?

レーシックの問題点は、はっきり言って山積みとなっています。
レーシックの問題点の核となっているのが、「失敗」であることは間違いありません。
では、どうしてレーシックにおいて失敗が生まれてしまうのでしょうか。

答えは非常にシンプルなもので、医師の技術、クリニックの設備などが不十分だからです。
もちろん、医師の技術も設備も十分なところでレーシックを受ければ問題は生まれません。
しかし、レーシックを受けようと思っている人は、近所で済ませようとします。

そのため、確実な医師と設備のもとでレーシックを受けていない人が多いのです。
これがレーシックの問題点であり、失敗を生み出す原因と考えられます。

レーシックの問題点まとめ

それではレーシックの問題点についてそれぞれ解説していきたいと思います。

1:レーシック自体完璧ではない
誰もがレーシックに過度な信頼を抱いているようですが、
まだまだレーシックは完璧な治療法ではないことを理解してください。
そのため、確かな環境で手術しないかぎり、リスクは高い治療法なのです。

2:角膜を削る治療であることを忘れてはけいない
レーシックの問題点として挙げられるのが、角膜を削る必要があるということ。
一度の手術で済めば問題ありませんが、再手術が何度も続くとそれだけ角膜を削る必要があります。
ですので、角膜の量が極端に減ってしまうこともあります。

3:医師の技術がバラバラであること
ほとんどのクリニックのレベルが均等ではないことを知ってください。
つまり、すべてのクリニックに優秀な医師が在籍しているとは限らないのです。

4:設備にもばらつきがある
最新機器を設置しているクリニックであれば、確実なレーシックが受けられます。
しかし、ほとんどのクリニックがそうではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックの問題点まとめ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]