レーシック 失敗を恐れて踏み出せないあなたへ

レーシック 失敗を恐れて踏み出せないあなたへ

レーシックを失敗することを恐れていてなかなか踏み出せなかった女性の体験談をご紹介します。

レーシックで失敗するのが怖くて仕方なかった

私は生まれつき視力が弱く、常にメガネをかける生活を送っていました。
視力が悪いおかげでスポーツは極力避けてきました。
もちろん、本音はスポーツを楽しみたいと思っていました。

学校を卒業して社会人になったときにレーシックに出会いました。
神経質な私はレーシックにおける失敗例ばかりを根こそぎ調べていました。
その影響もあって、レーシックが気になるものの、失敗したら恐ろしいものと捉えていたのです。

しかし、医療が進むにつれてレーシックも進化していることは知っていました。
でも、レーシックで失敗して大変なことになるのではないか?という思いが邪魔をして、
なかなかレーシック手術を受けることができないでいたのです。

そんなとき、あるキッカケが私を動かすことになります。

レーシック 失敗を恐れなくなった理由

それは私の親友がレーシック手術を行い、視力を回復したことでした。
幼馴染の親友はいつでもいっしょというくらいの存在で、信頼できる人物でした。
視力が回復した彼女は以前よりも輝いており、毎日を楽しんでいる様子。

そう、親友のレーシック手術がキッカケで私はようやくレーシック手術を受ける決心ができたのです。
結論から言えば、視力のせいで根暗だった私も結構明るくなりました。
オシャレにも気を遣うようになりましたし、外出も増えた気がします。

レーシックで失敗することなんて、今じゃありえないこともわかったのです。

レーシックで失敗する確率の方が極めて低い

現状のレーシックは、まさに完璧な精度を誇っていると思います。
患者の状態、不安をすべて取り払ったうえでレーシック手術になるんです。
つまり、どんな精神状態であっても安心してレーシックを受けられる環境が整っています。

最初は恐怖でいっぱいでしたが、担当医に現状のレーシックの成功率データを見せてもらったところ、
レーシック手術を受けた人の9割が成功、残りは変化なしというものでした。
そうです、失敗する確率などまったくないんです。

レーシックで失敗することを恐れている人は、どうか勇気をもってクリニックへ足を運んでください。
その先には輝かしい何かがあなたを待っていますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシック 失敗を恐れて踏み出せないあなたへ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]