レーシック 強度近視って何?

レーシック 強度近視って何?

レーシック 強度近視で検索されている方は少なくないと思います。では、強度近視とはどういったものなのかを詳しく解説していきたいと思います。

レーシック 強度近視とはどういったものか?

レーシックで強度近視を治せるのか?という質問をよく受けます。
まずは強度近視について詳しい理解を持つことが先決です。
強度近視はかんたんに言ってしまうと、軽度の症状ではなく「病気」になります。

単に近視が進んでいる状態を誰もがイメージされると思いますが、
強度近視は眼球が大きく引き伸ばされる状態が続くので、深刻な視覚障害を引き起こすのです。
強度近視が恐ろしいとされるのは、白内障や黄斑部出血、網膜剥離を引き起こす可能性があるということ。

だからこそ、レーシックで強度近視が注目されているわけです。

レーシック 強度近視の恐ろしさ

レーシックと強度近視はキーワード検索ではセットで調べられる方が多いようです。
強度近視は高度の視覚障害をはじめ、失明の原因となる合併症を引き起こす危険性があります。
それにもかかわらず、ほとんどの人が強度近視の恐ろしさを知りません。

実際に広く認識されているとはいえないのです。
だからこそ、視力低下とあわせて強度近視を疑う必要があります。
多くの人はレーシックに強度近視を克服できるのではないかという希望を持ちます。

では、果たしてレーシックで強度近視を克服することはできるのでしょうか?

レーシックで強度近視は治療できるの?

レーシックで強度近視は治療できるのか?
その答えはYESですが、誰でも受けられるわけではありません
まずひとつめの条件として、角膜の厚さが十分でないと治療は受けられません。

次に医師とどのように見えるようになりたいのかを相談して、医師がその希望を達成できるかどうかを決めます。
つまり、レーシックで強度近視を治療するのは可能ですが、満足いく結果を生み出せるとはかぎりません。
いずれにしても、レーシックで強度近視を治療するのは簡単なことではありません

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシック 強度近視って何?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]