レーシック 後遺症の実態

レーシック 後遺症の実態

YouTube Preview Image

レーシックの後遺症は時としてまともな生活を送れないレベルになるまでひどいことがあります。ここではレーシックの後遺症について詳しく解説していきます。

レーシック 後遺症の実態

レーシックの後遺症にはさまざまなものがあります。
そしてレーシックの後遺症は人それぞれ異なり、ひどい場合は生活に支障をきたすこともあります。
事実、レーシックに失敗し、手術を受ける以前よりも状態が悪化している人はたくさんいるのです。

もちろん、失明レベルになっている人はいませんが、レーシックの後遺症はとても厄介なものです。
たとえば、レーシックによって光がギラギラ眩しく見えるようになってしまったり、
過矯正などによって目薬を数十本もつけなくてはならない人がいます。

いわゆる、レーシック難民になってしまうと、それだけ薬を常用しなければならなくなります。

レーシック 後遺症を起こさないためには?

日本眼科学会常務理事の筑波大学・大鹿哲郎教授からは驚きの発言がありました。
レーシック手術は視力は良くなったとしても、大なり小なり 『見え方の質』は悪くなる、と。
そして、皆さんに知ってほしいのはレーシックで後遺症が出た場合、戻すことはできないということ。

誰もが簡単にレーシックを受けられる世の中になりましたが、レーシックにはかなりのリスクがあるわけです。
そのため、もしあなたが眼鏡、コンタクトレンズで不都合がないなら、無理にレーシック手術は受けないほうがいいかもしれません。
もちろん、成功する場合もありますが、失敗するとレーシック 後遺症として確実に残ります。

レーシック 後遺症は他人事ではない!

あなたがこの文章を読んでいる今も、どこかでレーシックの後遺症に苦しみ続けている人がいます。
つまり、レーシック 後遺症は他人事ではありません。
取り返しのつかない事態にならないように注意してください。

レーシックをナメてかかると、痛い目にあうということだけは忘れないでください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシック 後遺症の実態
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]