レーシックの成功率ってどれくらいあるの?

レーシックの成功率ってどれくらいあるの?

レーシックの成功率って誰もが気になることですよね。失敗している人もいるようだし、不安・・・という方は、ぜひチェックしてみてください。

レーシックの成功率ってどれくらい?

レーシックの成功率については誰もが気になるところです。
ほとんどの人がみんなが受けるから安全と思っているのも事実です。
確かに芸能人も多くレーシックを受けていますし、注目されていますからね。

現状のレーシックの成功率は、「95%以上」と言われています。
しかし、これはちょっと大げさな数字と見ることもできます。
そもそもレーシックの成功率が95%以上であれば、失敗している人はほんのひと握りということになります。

しかし、現実はレーシック難民が増え、後遺症に苦しんでいる人もたくさんいます。
それを考えると、お世辞にもレーシックの成功率が95%というのは頷けるものではありません。

レーシックの成功率は目安でしかない

レーシックは、一度でも手術を受けてしまうと角膜は2度と手術前の状態に戻りません
よってハイリスクな治療法という見方もできます。
ただその事実を踏まえると、レーシックは比較的安全な手術という言い方もできます。

ただ安全という表現を使ったのは、過去に手術で失敗して「失明」した症例がないため。
これがレーシックの成功率95%以上につながっているのだと思われます。
つまり、失明しなければカウントされるといったところでしょうか。

やはり大げさなデータといっていいかもしれませんね。

レーシックの成功率は上がっている

最新の装置が登場したことと、名医が増えたことによってレーシックの成功率は上がっています。
間違いなく従来よりも失敗する可能性は低くなったのは事実です。
完璧な医療技術を持つ医師であれば、完璧なレーシックをしてくれるでしょう。

そういった意味では、レーシックの成功率は95%以上になるのでしょう。
いずれにしても、信頼できるクリニックで手術することが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックの成功率ってどれくらいあるの?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]