レーシック 有名人も失敗している?

レーシック 有名人も失敗している?

レーシックは有名人でも御用達の視力回復治療法のひとつですが、なかには失敗したり、レーシック難民になっている人もいるようです。実は怖いレーシックについて解説していきます。

レーシック 有名人は多いけど・・・

現在レーシックは有名人でも御用達となっているため、視力が悪い人は誰でも受ける治療法になりました。
しかし、レーシック 有名人のほとんどが成功しているとは限らないのです。
多くの人がレーシック 有名人だから、一般とは違って高度なレーシックを受けていると思うはず。

実はそんなことはなく、私たち一般人と大差ないレーシック治療をしています。
そのため、レーシックは有名人でも失敗してしまう可能性が非常に高いのです。
有名人がやってるから私も・・・と思っている人は、慌てずにこのページをお読みください。

レーシック 有名人で失敗人は・・・

今から記載するのは有力情報はあるものの真実かどうかは不明です。
すべてはみなさんの判断にお任せしますので、あくまで噂としてお読みください。

・前田敦子(元AKB48)
レーシックに失敗してから、その後遺症に悩まされる日々が続いているという情報多し。
以前のキリリとした目が、レーシック後から変わり、ファンの間では「顔が変わった」と言われているようです。
確かに以前の方が可愛かったような気もしますね・・・。

・井端弘和(中日ドラゴンズ)
視力を矯正しようと2008年から合計3回のレーシック手術を受ける。
しかし効果が出ることはなく、逆に角膜がほとんどなくなる状態に・・・。
現在はメガネをかけてプレーしているが、好調にはほど遠い成績となっている。

・柴田英嗣(アンタッチャブル)
2010年は体調不良で無期限活動休止だった彼だが、その原因はレーシック後遺症によるものだという声も。
女性問題なども噂されていましたが、実はレーシック後遺症が原因だったのかもしれません。
レーシック難民とも呼ばれていますし、今でもメガネはかけていますよね。
単にトレードマークとしてかけているだけかもしれませんが・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシック 有名人も失敗している?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]