レーシック治療経験者のプロサッカー選手

レーシック治療経験者のプロサッカー選手

レーシック治療で活躍しているプロサッカー選手は多いようです。私もレーシックでサッカーが上達しました!

レーシック治療でサッカーが上手くなった

サッカーはそこまで視力が関係ないスポーツと思っていませんか?
それは大間違いで、常に視力を使ってスペースを見つけるスポーツです。
私は視力が悪かったこともあり、チャンスを生み出せない選手でした。

そんなときに今や日本を代表するプロサッカー選手がレーシック治療を受けていたことを知ったのです。
そうか、あそこまでスペースを見つけるためには視力がよくないと・・・
そう思った私は、すぐにレーシック治療を受けて、視力を取り戻しました

すると、どんなに狭いスペースでも見分けられるようになり、
監督からも期待されるチャンスメーカーへと成長したのです。

レーシック治療を経験しているプロサッカー選手

私にレーシック治療をするきっかけを与えてくれたサッカー選手、
それは以下のとおりです。

石櫃 洋祐さん(レーシック、神戸クリニック)
玉田圭司さん(エピレーシック、神戸クリニック)
本田 圭佑さん(iDesignレーシック、SBC新宿近視クリニック)
村瀬 和隆さん(レーシック、神戸クリニック)
柳本 啓成さん(イントラレーシック、品川クリニック)
藪田 光教さん(レーシック、神戸クリニック)

あの本田圭佑もレーシック治療者だったんですよ。
あれだけ貪欲にチャンスメイクできるのは、レーシックによって視力回復したからです。
そして元日本代表の玉田も常にスペースを狙う動きと切れのいいドリブルができるのは、
レーシック治療で視力回復を達成したからだと思います。

レーシック治療でサッカーは上達します!

レーシック治療によってサッカーが上達した私が言います。
サッカーが好きで視力が悪いならレーシック治療を受けてください!
まさに戦術眼が身につくこと間違いなしです。

視力がネックとなってサッカーのレベルアップを諦めている人はレーシックを受けましょう。
レーシック治療があなたにもたらすものは偉大すぎますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシック治療経験者のプロサッカー選手
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]