レーシックの痛みにはどのようなものがあるか?

レーシックの痛みにはどのようなものがあるか?

レーシックの痛みにはどのような種類があるのかを詳しく調べてみました。レーシックの痛みについて知りたい方はチェックしてみてください。

レーシック 痛みには種類がある?

レーシックの痛みには種類があるというが流れていますが、実際は種類などありません。
問題なのは、どういった時にレーシックの痛みが発生するかです。
レーシックを受ける人にとっては、レーシックの痛みが発生するタイミングは非常に重要でしょう。

レーシックの痛みが発生するタイミングさえわかっていれば、やや安心して手術に挑めるはずです。
それではレーシックの痛みはいつ起こるのかを詳しく解説していきたいと思います。

レーシック 痛みが発生するタイミングとは?

1:器具を装着するとき
レーシック手術を受けるとき、しっかりとレーザー治療ができるように頭と目周辺を器具で固定します。
レーシックはちょっとのミスも許されないので、かなりガチガチに固定します。
そのため、器具の圧迫によるレーシック 痛みが発生することがあります。
つまり、これはレーシックの痛みではなく、器具による圧迫の痛みなので多くの人が気にしません。

2:麻酔が切れたとき
レーシック手術には痛み予防として、麻酔をかけて行うわけですが、
手術後、麻酔が切れた時にレーシック 痛みを覚えるという方が希にいるようです。
ただし、ほとんどの人がレーシックの痛みを感じることはありません。

レーシックの痛みが発生するタイミングは大きく分けるとこの2種類しかありません。

レーシック 痛みを感じることは稀?

各クリニックでは患者に痛みを感じさせないように徹底しています。
そのため、レーシックで痛みを訴える人はほとんどいません。
痛くて仕方ない中で治療などできないので、あらゆる手を尽くします。

ですので、レーシックの痛みを怖がっていてなかなかレーシックに踏み切れない人は安心してください。
医師もあなたの希望に沿った治療をしてくれるので心配はいりませんよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックの痛みにはどのようなものがあるか?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]