レーシックで目薬地獄になる可能性

レーシックで目薬地獄になる可能性

レーシックで目薬をたくさん処方されているレーシック難民がたくさんいる現実を知ってください。生半可な気持ちでレーシックをすると痛い目にあいます。

レーシックで目薬だらけの生活に・・・

ある患者さんのお話を今からしたいと思います。
仮にAさんとしますが、Aさんはもともと視力が悪かったのでレーシック手術を受けました。
手術は無事終わったかのように見えましたが、1日後さまざまな症状がAさんを襲います。

まず光が眩しすぎて日中に外出することが困難になってしまったのです。
これは担当医が角膜を削りすぎたためで、すぐに再手術を依頼しました。
すると、さらに状態は悪化してしまい、めまいと吐き気が続く日々を送ることになりました。

さらにレーシックで目薬だらけの生活を送ることになります。
その数、なんと30本以上。
Aさんは既に再手術ができない状態で、常に光から目を守るためにサングラスをつけた生活を余儀なくされています。

レーシックの目薬はひとつではない

Aさんが30本以上ものレーシック 目薬を使っているように
レーシックの目薬にはいくつもの種類が存在しています。
どれも効果が異なり、つけるタイミングも違うので使い分ける必要があります。

レーシックの目薬を使い分ける方法は、「フタの色」です。
それはまるで絵の具のようなイメージで、種類によって色が違います。
このようにレーシックに失敗すると、さまざまなレーシック目薬を常用することになります。

レーシックで目薬を使わない生活を送るには?

レーシックで目薬を使わない生活を送るために必要なことはただひとつ。
確実に成功するクリニックを選ぶこと」これに尽きます。
それができたら苦労しないと思う人がほとんどでしょうが、大手クリニックであればそれが可能です。

多くの人は近所のクリニックなど、実績がないに等しい施設でレーシックを受けています。
これが失敗してしまう原因です。

中途半端なクリニックでレーシックを受けるのは絶対にやめましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックで目薬地獄になる可能性
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]