レーシックで老眼は本当に治せるのか?

レーシックで老眼は本当に治せるのか?

レーシックで老眼って本当に治すことができるのか?どのサイトでも「可能」とされていますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

レーシックで老眼は治せるのか?

さまざまなレーシックサイトでは、レーシックで老眼は治せるという表現を使っています。
しかしそれは大きな間違いで、40歳以上の方はほぼレーシックをしても効果がないというのが現状です。
その理由として挙げられるのは、40代になると急激に調節力の低下がはじまり、老眼がスタートするからです。

レーシックはあくまで角膜を削って調整することで視力を回復する治療法です。
そのため、老眼は角膜が原因で視力が低下するわけではないため、レーシックで矯正することはできません。
仮にレーシックで老眼を克服しようと思っても、遠方の視力が向上し、近くのものが見えづらくなるだけです。

つまり、現状ではレーシックで老眼を治すことはほぼ不可能です。

レーシックで老眼を無理やり治そうとすると・・・

レーシックで老眼を無理やり治そうとする行為は大変危険です。
そもそもレーシック手術には合併症リスクがつきものとなっています。
無理な治療を続けると、視力だけでなく体全体に悪影響を及ぼす可能性が高まります。

そのため、レーシックと老眼についてよく理解することが大切です。
40代になってしまったら、レーシックで老眼を治すのは不可能だということを覚えておきましょう。

レーシックで老眼を克服できる時代はそこまでやってきている?

レーシックと老眼治療を同時に行う最先端医療として注目されているのが、
「レーシックカメラ」という、コンタクトレンズよりも小さい黒いリングを挿入する施術です。
これによって、「近く」も「遠く」も老眼鏡いらずで、すっきり快適な視界を手に入れることができます。

通常のレーシックで老眼治療は不可能でしたが、
レーシックカメラをもってすれば、安全に40代以上の視力回復が可能になります。
ですので、老眼の方はまだ諦めないでください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックで老眼は本当に治せるのか?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]