レーシックで視力低下は改善できるの?

レーシックで視力低下は改善できるの?

レーシックで視力低下を食い止めることができるか?視力低下を改善できなかったらレーシックをする意味がありませんがはたして・・・

レーシックで視力低下を改善できます

レーシックで視力低下を改善することは可能です。
レーシック手術後の視力の回復傾向を平均したところ、
ほとんどの人が両目ともに1.0~1.5程度に回復していることがわかっています。

つまり、レーシックで視力低下を改善することは十分に可能です。
視力が低下してきたために、仕事やスポーツの効率が悪くなったと感じる人はレーシックで視力低下を改善しましょう。
レーシックは目に疾患などがないかぎり、誰でも受けることができる治療法です。

レーシックで視力低下を永遠に防げるの?

これはなかなか難しい質問ですが、多くの人が回答を求めています。
正直なところ、レーシックを受けても永遠に効果が続くとはかぎりません
誰でもレーシックに高望みをしてしまうのですが、なかには視力が再び低下する人も存在します。
 
もちろん、これは全ての人が低下するわけではありません。
レーシックを受けたとしても、視力が再び低下する可能性があるということです。
では、どんな人が再び視力低下につながってしまうのか?

それは主に近視乱視の度合いが強すぎる人が該当します。
その他にもデスクワークで目を酷使する人も再び低下する可能性があるので注意してください。

レーシックと視力低下の関係

レーシックで視力低下を改善することはできますが、
レーシックで視力が回復したからと意気込んで、目に悪いことをし続けていると、
再び視力が低下してしまう危険性があるので注意してください。

特に近いところばかりを見続けたり、暗いところで作業することはやめましょう。
また、レーシックを一度やってしまえば視力がずっと保たれるという考えも改めたほうがいいでしょう。
人間である前に動物である以上、機能というものは加齢とともに衰えていくものなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックで視力低下は改善できるの?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]