レーシックで角膜を削りすぎてしまうと・・・

レーシックで角膜を削りすぎてしまうと・・・

YouTube Preview Image

レーシックで角膜を削りすぎてしまうとどういった現象が起こるのでしょうか?ここではレーシックの失敗について詳しく解説していきます。

レーシックは角膜を削る治療法

ご存知の方も多いかもしれませんが、レーシックは角膜を削る治療法です。
角膜を削ることによって、ずれやゆがみをなくして視力を回復します
しかし、角膜周辺部を正確に削るには、医師の腕と機器の精度が左右します。

最近では、レーザー照射を広い範囲で追尾制御ができる機器が登場し話題になっています。
こういった機器の場合は、医師の腕が必要なくなるので、最適なレーシックを受けることができます。
つまり、より確実なレーシックをするなら、最新機器を置いているクリニックがベストかもしれません。

高性能なエキシマレーザー機器をもってすれば、レーシックで角膜を削りすぎるという失敗もなくせます。
最新機器では、「Technolas 217P」がもっとも有名で確かなものです。

レーシックで角膜を削りすぎないために

最新機器を導入しているクリニックなら、失敗恐る必要性がありません。
最新機器は、回転運動も含めた追尾制御装置が世界で最も優れています。
つまり、どんな腕のいい医師でも、最新機器の精度にはかなわないでしょう。

米国FDAに承認された機器なら、レーザーの追尾制御範囲が14mmあるので、
安心できるレーシックが受けられますし、レーシックで角膜を削りすぎるなんてこともありません。
ただし、一般的な機器ではその制御ができないため、過矯正の心配も浮上します。

広範囲の制御が必要なレーシック矯正の場合は、最新機器が必須となるでしょう。

レーシックで角膜を削りすぎる過矯正

一般的な機器を用いているクリニックでは過矯正になるリスクが高まります
そうなると、再手術を断ってしまう可能性もあるので注意しなければなりません。
いずれにしても、レーシックで角膜を削りすぎることはよくありません。

過矯正された人は多いので注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックで角膜を削りすぎてしまうと・・・
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]