レーシックで失敗例から学ぶ正しいレーシック

レーシックで過矯正されてしまった人々

YouTube Preview Image

レーシックで過矯正されてしまうと、とんでもない後遺症があなたを襲うことになります。後遺症に苦しみながら生活している人々は少なくありません。

レーシック 過矯正とは何か?

レーシック 過矯正とは一体どういったものなのでしょうか?
過矯正とは、かんたんに言ってしまうと角膜を削りすぎてしまうことをいいます。
これによって、さまざまな不具合が生じてしまうため、後遺症が発生する確率が高くなります。

本来レーシックは適度な視力回復を目指すために角膜を削るのですが、
これを削りすぎてしまうと、適度な視力回復とならずに見えすぎてしまったり、
逆に見えづらくなってしまうなど、生活に支障をきたします。

レーシックの過矯正によって苦しんでいる人は急増しており、
ネット上でも後遺症に悩んでいる人々の記録を見ることが多くなりました。

レーシック 過矯正の恐怖

本来、視力が大きく回復することはいいことだと思うはずです。
しかし、人間の視力は回復し過ぎると逆によくないことがわかっています。
人間にはそれぞれ個性があるように、人それぞれ最適な視力というものがあるのです。

これを超えてしまうと、眼精疲労だけでなくさまざまな副作用が生じます。
特に光に対して敏感になり、まぶしすぎる生活を余儀なくされるケースがほとんどです。
こうなると、サングラスを常につけなくてはならず、専用の目薬を常用しなければなりません。

目薬は何種類もあるため、その費用もバカになりません。
レーシックの過矯正によって苦しめられている人は少なくありません。

レーシック 過矯正をされないためには?

レーシックで過矯正をされないためにすべき行動はひとつしかありません。
実績があるクリニックで、信頼できる医師の手術を受けてください。
今のところ、これしかレーシック 過矯正を回避する方法は存在しません。

クリニックなどどこでも同じと思っている人は、特に注意するようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシックで過矯正されてしまった人々
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]