レーシック難民の方に読んで欲しいページ

レーシック難民の方に読んで欲しいページ

レーシック 難民で検索してきた人は是非このページをお読みください。レーシック難民のすべてがわかるはずです。

レーシック 難民で検索してここにたどり着いた方へ

私もレーシック難民だった一人です。
いわゆる、レーシックをしたことによって、見えすぎるようになってしまいました
もちろん、見えすぎるのはかえってバランスを崩してしまうのでよくありません。

単純に言っちゃえば、行く病院を間違えてしまったということです。
物を見るという行為はかんたんなシステムではありません。
その視力矯正をするためのレーシックには、数値だけで角膜を削るものでもありません。

私がレーシック難民になったのは、知識と経験が浅い医師に担当させられたからでした。

レーシック難民に見られる症状

確実なレーシック手術は、数値だけでなく総合的に判断して進行していきます。
ところが、その知識と経験がない医師だと、数値ばかりに頼ってしまう・・・。
これによって角膜の状態がおかしくなり、レーシックは失敗します

さらにさまざまな弊害を起こしてしまいます。
極度の眼精疲労が毎日続くことになるので、その副作用がたくさん起こります
頭痛をはじめ、めまい、吐き気、ドライアイなど、レーシック難民だったらおわかりのはず。

レーシック難民になってしまうと、ごく一般的な日常生活を送ることができません

レーシック難民にならないためには?

レーシック難民になってしまうのは、症状に対して何も対応しないクリニックが存在するからです。
いえ、正確に言うとヤブ医者というわけではなく、対応する術を知らない医師がまだ多いのです。
レーシック難民は意外にも多いと言われています。

私は信頼と実績のある医師に再手術を頼み、なんとかレーシック難民を卒業できました。
だからこそ、レーシック難民の方は実績ある医師の治療を受けてください。
そして、これからレーシックを受けようとしている方は、必ず敏腕医師がいるクリニックを選択してください。

レーシック難民が増えないように知識を高めていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レーシック難民の方に読んで欲しいページ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]