ドラッグストアから調剤薬局に転職!薬剤師はどこがいいか順位で紹介

ドラッグストアから調剤薬局に転職したいけれど、どんな調剤薬局に転職すれば良いんだろう?

ドラッグストアからだったら、調剤薬局はどこも苦労するのは一緒でしょ!







あれ?あいつも俺と同じドラッグストア出身だったのにあいつの薬局で余裕かましているぞ!

 

調剤薬局といってもいろいろあるから、ドラッグストアから調剤薬局に転職したい薬剤師さんは、調剤薬局はどこがいいか迷っている人も多いと思います。

ドラッグストアで調剤もやっていた薬剤師さんはもちろん、OTCのみで調剤の経験がない薬剤師さんはどこがいいかを悩みに悩んでいるのではないでしょうか。

 

また、ドラッグストアから調剤薬局に転職したら、違う業務内容に苦労すると思い込んでいるかもしれません。

でも、大丈夫です。

ドラッグストアから調剤薬局に転職するのにおすすめの調剤薬局があるんです!

ドラッグストアから調剤薬局へ転職するのにおすすめの調剤薬局をランキング形式でご紹介していきます。

おすすめの調剤薬局がわかれば、ドラッグストアから調剤薬局に転職した時の苦労を最小限にすることが可能です。

 

これであなたは不安なくドラッグストアから調剤薬局に転職できて、

調剤薬局に転職して良かった〜

と思えますよ。

 

ドラッグストアから調剤薬局に転職する薬剤師へのおすすめランキング

 

ドラッグストアから調剤薬局に転職する薬剤師へのおすすめランキングをまとめました。

それぞれの評価項目については、このランキングの後で詳しく説明していますので、そちらも参考にしてください。

 

おすすめランキング:1位 単科病院やクリニックの門前薬局

単科病院やクリニックの門前薬局の評価
必要な知識が少なくて済む
(5.0)
教育制度が整っている
(3.0)
営業時間の短さ
(4.0)
医師への確認が楽
(5.0)
処方箋の枚数の少なさ
(3.0)
総合評価 4
(4.0)

解説

単科病院やクリニックの門前薬局が、ドラッグストアから調剤薬局に転職したい薬剤師へのおすすめランキング第1位です。

 

対応する医療機関や診療科が限られていますし、教育制度もある程度は整っているところが多いです。

 

向いている人
そのため、OTCの経験しかない薬剤師さんでも無理なく働けます。

 

おすすめランキング:2位 在宅・施設への訪問が中心の薬局

 

在宅・施設への訪問が中心の薬局の評価
必要な知識が少なくて済む
(4.0)
教育制度が整っている
(3.0)
営業時間の短さ
(4.0)
医師への確認が楽
(4.0)
処方箋の枚数の少なさ
(4.0)
総合評価 3.8
(3.5)

解説

ドラッグストアから調剤薬局に転職したい薬剤師へのおすすめランキング第2位は、在宅・施設への訪問が中心の薬局です。

継続処方が主なので調剤はそれほど難しくありません。

処方箋の枚数もある程度決まっています。

強みになる点
また、患者さんの自宅や介護施設へ訪問して患者さん・利用者さんとコミュニケーションを取りながら丁寧に服薬指導しますので、ドラッグストアで身につけたコミュニケーション力を発揮できます。

 

おすすめランキング:3位 総合病院の門前薬局 

総合病院の門前薬局の評価
必要な知識が少なくて済む
(1.0)
教育制度が整っている
(5.0)
営業時間の短さ
(5.0)
医師への確認が楽
(1.0)
処方箋の枚数の少なさ
(3.0)
総合評価 3
(3.0)

解説

ドラッグストアから調剤薬局に転職したい薬剤師へのおすすめランキング第3位は、総合病院の門前薬局です。

総合病院の門前薬局は、薬剤師としてスキルアップできますが、仕事に慣れるまでがとにかく大変です。

ただ、営業時間は短めなので、ワークライフバランスは取りやすいです。

 

おすすめランキング:3位 医療モール型の門前薬局 

医療モール型の門前薬局の評価
必要な知識が少なくて済む
(3.0)
教育制度が整っている
(4.0)
営業時間の短さ
(2.0)
医師への確認が楽
(4.0)
処方箋の枚数の少なさ
(2.0)
総合評価 3
(3.0)

解説

ドラッグストアから調剤薬局に転職したい薬剤師へのおすすめランキングの同率3位が医療モール型の門前薬局です。

医療モール型は、「複数の診療科の調剤をしたいけれど、総合病院はちょっと無理かな・・・」という薬剤師さんにおすすめです。

 

おすすめランキング:5位 住宅地の面応需型薬局 

住宅地の面応需型薬局の評価
必要な知識が少なくて済む
(3.0)
教育制度が整っている
(1.0)
営業時間の短さ
(3.0)
医師への確認が楽
(2.0)
処方箋の枚数の少なさ
(5.0)
総合評価 2.8
(2.5)

解説

ドラッグストアから調剤薬局に転職したい薬剤師へのおすすめランキングの第5位は、住宅地の面応需型薬局です。

 

住宅地の面応需型薬局は、教育制度が整っておらず、時間帯によっては1人薬剤師になることがあります。

注意
そのため、OTCの経験しかない薬剤師さんにはおすすめできません。

 

おすすめランキング:6位 駅前の面応需型薬局 

駅前の面応需型薬局の評価
必要な知識が少なくて済む
(5.0)
教育制度が整っている
(3.0)
営業時間の短さ
(1.0)
医師への確認が楽
(2.0)
処方箋の枚数の少なさ
(2.0)
総合評価 2
(2.0)

解説

ドラッグストアから調剤薬局に転職したい薬剤師へのおすすめランキングの第6位は、駅前の面応需型薬局です。

 

営業時間が長く、色々な診療科・医療機関の処方箋を扱い、さらに忙しいことが多いので、ドラッグストアから転職する場合は、避けたほうが無難な調剤薬局です。

 

ドラッグストアから調剤薬局へ転職する時の評価項目別にランキング!

ドラッグストアから調剤薬局へ転職する時の評価項目を1つ1つ詳しく解説していきます。

ドラッグストアから調剤薬局に転職したい薬剤師さんが知りたい順に評価項目を並べました。

 

評価項目:必要な知識が少なくて済むランキング

必要な知識が少なくて済むランキング
1位:単科病院やクリニックの門前薬局
(5.0)
2位:在宅・施設への訪問が中心の薬局
(4.0)
3位:医療モール型薬局
(3.0)
3位:住宅地の面応需型薬局
(3.0)
5位:駅前の面応需型薬局
(2.0)
6位:総合病院の門前薬局
(1.0)

解説

調剤に必要な知識量が多ければ多いほど、転職後は苦労することになります。

単科病院やクリニックの門前薬局は、診療科が限られていますので、仕事には慣れやすいでしょう。

在宅・施設への訪問が中心の薬局も、内科・皮膚科・眼科が主な診療科で、継続処方が多いので、仕事は覚えやすいです。

医療モール型や駅前の面応需型薬局、住宅地の面応需型薬局はいろいろな診療科の処方箋を扱いますが、そこまで重症度は高くないものが多いですね。

 

転職後に一番大変なのは、総合病院の門前薬局です。

幅広い診療科の処方箋を扱いますし、患者さんの重症度も高いです。

 

評価項目:教育制度が整っている調剤薬局ランキング

教育制度が整っている調剤薬局ランキング
1位:総合病院の門前薬局
(5.0)
2位:医療モール型薬局 
(4.0)
3位:単科病院やクリニックの門前薬局
(3.0)
3位:駅前の面応需型薬局
(3.0)
3位:在宅・施設への訪問が中心の薬局
(3.0)
6位:住宅地の面応需型薬局
(1.0)

解説

ドラッグストアから調剤薬局に転職したい薬剤師は、教育制度が一番気になるところだと思います。

 

大手の調剤薬局か地元密着の小規模調剤薬局かによっても変わりますが、基本的には総合病院の門前薬局は、教育制度が整っているところが多いです。

また、店舗ごとの薬剤師の人数も多いので、仕事でわからないことがあっても、すぐに周囲の薬剤師に質問・相談できて、フォローしてもらえます。

 

それに対し、住宅地にある面応需型薬局は、地元密着型〜個人経営の薬局が多いので、系統的な教育制度はありませんし、時間帯によっては、1人薬剤師になることもあるので、フォローもあまり期待でいません。

 

注意
ドラッグストアで調剤業務を経験していた薬剤師さんはそこまで教育制度にこだわらなくても良いですが、調剤経験がない薬剤師さんは教育制度がある程度整っている調剤薬局を選びましょう。

 

評価項目:営業時間が短い調剤薬局ランキング

営業時間が短い調剤薬局ランキング
1位:総合病院の門前薬局
(5.0)
2位:単科病院やクリニックの門前薬局
(4.0)
2位:在宅・施設への訪問が中心の薬局
(4.0)
4位:住宅地の面応需型薬局
(3.0)
5位:医療モール型薬局
(2.0)
6位:駅前の面応需型薬局
(1.0)

解説

調剤薬局の営業時間が短いと、そこで働く薬剤師はワークライフバランスを取りやすいですね。

 

総合病院の外来は診療時間が短く、土日祝日は診療していないことが多いので、門前薬局の営業時間は短めです。

また、年末年始などもしっかり休めることも多いですね。

 

住宅地の調剤薬局や在宅・施設への訪問が中心の薬局も、基本的に平日のみの営業で、営業時間も18時〜19時ごろまで、日曜祝日はお休みのところが多いです。

 

単科病院やクリニックの門前薬局は、その病院やクリニック次第ということがあります。

上手くいけば、平日のみで18時までというところもあります。

でも、病院やクリニックが20時ごろまで診療しているところもありますので、その場合は、調剤薬局は20時半〜21時ごろまで営業しなければいけません。

すべてはその病院・クリニック次第になります。

 

医療モール型薬局は、複数のクリニック・病院に対応するので、それだけ営業時間は長くなります。

そして、駅前の面応需型薬局はニーズに対応すべく、21時ごろまで営業しているところも多いです。

また、土曜日は終日営業しているのは当たり前、日曜日も営業していいるところもあります。

 

評価項目:医師への確認が楽な調剤薬局ランキング

医師への確認が楽な調剤薬局ランキング
1位:単科病院やクリニックの門前薬局
(5.0)
2位:医療モール型薬局
(4.0)
2位:在宅・施設への訪問が中心の薬局
(4.0)
4位:住宅地の面応需型薬局
(2.0)
4位:駅前の面応需型薬局
(2.0)
6位:総合病院の門前薬局
(1.0)

解説

これは医師への確認頻度が少なかったり、医師への確認が気軽で楽かどうかというランキングです。

 

処方箋を見てわからないことや疑問点があれば、処方箋を出した医師に確認しなければいけません。

総合病院では医師がたくさんいますし、忙しい医師が多いので、なかなか捕まえることができないこともあります。

駅前の面応需型薬局もたくさんの病院・クリニックの処方箋を扱いますので、初めて連絡する医師もたくさんいます。

 

それに対し、単科病院やクリニックの門前薬局は、処方箋を出す医師が毎回同じなので、薬剤師もその医師の癖などがわかり、確認頻度は少ないですし、確認する場合も「阿吽の呼吸」でサクッと確認できるので、気は楽だと思います。

 

 

評価項目:処方箋の枚数の少ない調剤薬局ランキング

処方箋の枚数の少ない調剤薬局ランキング
1位:住宅地の面応需型薬局
(5.0)
2位:在宅・施設への訪問が中心の薬局
(4.0)
3位:総合病院の門前薬局
(3.0)
3位:単科病院やクリニックの門前薬局
(3.0)
5位:医療モール型薬局
(2.0)
5位:駅前の面応需型薬局
(2.0)

解説

店舗全体での処方箋の枚数は、やはり総合病院の門前薬局は多いです。

続いて、医療モール型薬局や駅前の面応需型薬局になります。

 

ただ、総合病院の門前薬局は薬剤師の数を多めに配置していることも多いので、薬剤師の一人当たりの処方箋の枚数はそこまで多くないこともあります。

それに対し、医療モール型薬局や駅前の駅前の面応需型薬局は、処方箋の枚数が多めだったり、一気に増えることもありますが、薬剤師の数はそこまで多くないので、1人あたりの処方箋の数は多くなることがあります。

在宅・施設への訪問が中心の薬局は、処方箋の枚数が基本的に決まっているので、増減に振り回されることは少ないです。

 

ドラッグストアから調剤薬局に転職する薬剤師は転職サイトを使おう!

 

ドラッグストアから調剤薬局へ転職する薬剤師のためのおすすめランキングをまとめましたが、あなたが転職したい調剤薬局のタイプは決まったでしょうか?

基本的には、単科病院やクリニックの門前薬局がおすすめですが、大変でも幅広い知識を身に付けてスキルアップしたいなら、総合病院の門前薬局も良いですね。

高齢者医療・訪問調剤に興味があるなら、在宅・施設への訪問が中心の薬局もおすすめです。

もちろん、選ぶのはあなた次第!

後悔のない選択をしてください。

 

どれが良いのか悩む!それに、もしクリニックの門前薬局に転職する場合、たくさんあるクリニックの門前薬局の中からどれを選べば良いの?

そう思うあなたの気持ちはよくわかります。

そういう時は、薬剤師転職サイトを使えば大丈夫です!

薬剤師転職サイトを使えば、プロの転職コンサルタントが相談に乗ってくれます。

また、あなたの希望を聞いて、希望に合う調剤薬局の求人を紹介してくれるんです。

 

転職サイトでできること
  • 希望に合う求人を紹介してくれる
  • 教育制度や処方箋の枚数など細かい点も詳しく調べてくれる
  • 志望動機の作成や面接対策を手伝ってくれる
  • 面接の日程調整をしてくれる
  • 条件面の交渉をしてくれる
  • どの調剤薬局が良いか相談に乗ってくれる

 

薬剤師転職サイトはこのようなメリットがありますので、ドラッグストアから調剤薬局に転職する薬剤師は絶対に薬剤師転職サイトを使うべきなんです。

薬剤師転職サイトは無料で利用できますので、気軽に登録してみると良いですよ。

薬剤師転職サイトのおすすめランキング

リクナビ薬剤師
1位 リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は好待遇の非公開求人が多く、スピーディーに転職を進められることが魅力!条件面で妥協したくない薬剤師におすすめ!

  • 東証一部上場のリクルートグループが運営
  • 非公開求人が75%と多い!
  • 最短3日で転職できるスピーディーなサポート
  • 働きながら転職活動できる万全なサポート体制
  • 新着求人は毎日30件以上!

リクナビ薬剤師公式サイト

マイナビ薬剤師
2位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は「会って相談できる」転職サイトです!あなたの転職をしっかりサポートしてくれるので、初めての転職でも安心です!

  • 人材派遣・人材紹介大手のマイナビが運営
  • 5年連続ご利用者満足度No.1
  • 全国15ヶ所にオフィスがあって、会って相談できる
  • 転職コンサルタントのサポート力や提案力に定評あり!
  • 転職コンサルタントが職場に実際に足を運ぶので生の信頼できる情報を持っている

マイナビ薬剤師公式サイト

薬キャリ
3位 薬キャリ

薬キャリは病院や企業薬剤師の求人が多いことが魅力の転職サイトです!パートや派遣で働きたい人にもおすすめです!

  • 10万人以上の薬剤師が登録するm3グループが運営
  • 病院や企業薬剤師の求人が多い
  • 即日最大10件の求人を紹介してもらえて最短3日で転職できる
  • 正社員・パート・派遣すべての雇用形態に対応
  • 全国47都道府県すべてに対応!

薬キャリ公式サイト